ブログパーツ
FC2ブログ

日々、戦い

vsちびメンズの戦いの模様を、現場からお伝えします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お腹の子の「冠動脈瘻」ですが、成長して大きくなったからか、かなり心エコーが見やすくなったようで新事実が発覚しました。

どうやら、瘻(ろう)=あるべきはずのない道 が左心室だけでなく右心房方向へも枝分かれして向かっているとか。
そしてどちらかというと、新たに発見された右心房への瘻の方が太く血流が多いらしいので、そちらを塞げば、開胸手術は1回で何とかなるかも・・・というドクターの見解でした。
(今までは最低でも2回開胸手術をしないと と言われていました)

ん?
ということは、最初から問題になっている左心室への冠動脈瘻はどうなる? 

質問してみたところ、
「左心室への瘻は小さいから放っておいてもいい」
とのご回答。

えぇ~っ!
それで本当にいいのか?
日常生活に問題はないの??



そして昨日、1ヶ月ぶりに健診に行きました。
赤ちゃんの心臓の見え方は変わりなかったようで、ドクターの見解も前回と同じものでした。

「多分どこかが心臓の負担を補うようにうまく動作してるんだろうな~。驚くほど元気だし、ちゃんと心臓も動いてくれてるよ。最初は多分ダメだろうな と思っていたけど、ここまで頑張ってくれてるのはすごいよ。」
「通常ここではあまり帝王切開はしないんだけど、ボクも初めてみる症例だから、今回はボクも外科医も産科医もスタッフを全員揃えて臨まないといけない。だから日程をこれからボク達で調整して帝王切開にしますね。」
「お腹の中を見れるのは今日が最後。あとは産まれてきてからじゃないとどうにも調べることができない」
「良い方向へ行くかもしれないけれど、ボク達は常に最悪のことを考えて動かないといけない。もしかしたら産まれてすぐに心停止になってしまうかもしれないし、この子に与えられた時間は1日ないし2日だけ。その1日でCTやら何やら全ての検査をして、対処方法を決めます」



私が通っている母子センターは、何らかの問題がある妊婦さんばかりが受診している為、ほぼ全員が帝王切開だと思っていたのですが・・・帝王切開はあまりしないということに驚きました。

そして産科のドクターに今回相談したかったこと。
それは管理入院ができるかどうか。

実は先日夜中、陣痛のような痛みで目が覚め、ヒヤヒヤすることがありました。
もし帝王切開の日までに産気づいてしまったら・・・
母子センターまで車で飛ばしても1時間半、しかもドクターが病院にいるかどうかもわからない。
そうなったら諦めるしかない と以前ドクターに脅されて(?)いたし、満月の夜はいつもドキドキしてるんです。

そして日常生活もままならないほどお腹が大きく、足の付け根や恥骨が痛くて動けないのです。
かろうじて保育園の送迎を車でしているものの、とにかくスロー。
3歩動いては息切れがして休憩 の繰り返しで、階段の上り下りは1段ずつ。
歩く姿は横綱です。
相変わらずお腹がすぐに張るので、毎食後張り止めの薬を飲んでいます。
張りはマズイので
「なるべく安静にして」
とドクターに言われますが、家にいると何だかんだ動いてしまうんですね~。
(基本、ぐうたらで怠け者のクセに)
食事だって作らなきゃいけないし、掃除、洗濯、気になっちゃうんです。

旦那は「掃除とかやらなくていいよ」と言ってくれますが、そうもいかないってなもんでしょう。


そして最後に、これから1週間おきになる妊婦健診。
そのたびに旦那に休んで送ってもらうわけにもいかないし(クビになっちゃったら元も子もない)
かといって一人で電車で・・・というのはあまりにリスキーだし、乗り換え3回、休み休み行ったとしても、その日のうちに辿り着けるかどうか。
自分で車を運転して行くことはできますが、高速道路(しかも都市部の環状線を通る)を運転するのが怖く、旦那も反対。

だから・・・いっそのこと入院させてもらえないものか。

そりゃずーっと病院で寝ていたら気分も滅入るでしょうし、PCもミシンも触れないし、何より子供にも会えない。
そんな辛いことはありません。
でも体も大変だし、不安なんです。

ドクターは二つ返事でOKでした。
「赤ちゃんにもちゃんと病名があるから保険もききますし、入院されればその間に色々な検査ができますからね。いいですよ。 で?いつから入院します?」

は、早っ!
いや~、でも、何も準備していないし、年末年始に向けて色々とやっておかなくちゃいけないことがあるので、12月1日から入院することにしました。

幸い、義母が来週末から来てくれるので、1週間で引継ぎをしてあとは丸投げするつもりです。


入院まであと半月。
忙しいぞ~。
でもチャキチャキは動けないから、ストレス溜まりそうです。


【オマケの画像】
先日、旦那がトモを連れて公園へ行った時、自分で勝手に転んだクセにふてくされてしまい、カメラを決して見ようとしないお兄ちゃん。

tomo-20

スポンサーサイト
土曜日夜中0:30、就寝中に破水の感覚があって飛び起きました。

え?破水?

お腹の赤ちゃんが手術可能になるのは最低でも34週過ぎてから って言われてたのに、今日は33週4日…
3日足りない!! 来月から管理入院だ って安心してたのに!

とにかく旦那を起こし、病院に電話。
すぐに来てください とのことだったので、半分だけ済ませた入院準備品を持ち、上の子を起こして車を飛ばしました。


間に合わないかもしれない…お休みの夜だし、ドクターが全員揃うはずもないし…。
口からは「どうしよう」しか出てきません。

いつもは二時間かかる道も、夜中だから一時間で来れました。

分娩室までの移動中も羊水は容赦なくこぼれ落ちます。


即、当直のドクターが診てくれましたが、通常の破水とは違い、陣痛を伴わない前期破水だと言われました。

よくわかりませんが、予断を許さない状況であることは確かなようで、張り止めを大量に入れた点滴や筋肉注射で、赤ちゃんをお腹に留める処置をしてくれました。


朝には麻酔科のドクターから帝王切開時の説明を受けました。

そして12時間が経った今、相変わらず羊水はチョロチョロ出ていますが、産まれずに頑張ってくれています。

ただ…あんなに大きくて苦しかったお腹がかなりしぼんでしまい、赤ちゃんの胎動も感じません。
張り止めの薬が強すぎて、副作用の動悸がひどく、胎動を感じられない というのもあるのか、赤ちゃんの元気がないのか…。

母子センターの最新の医療を信じたいけれど、不安で不安で仕方がありません。

お願いだから、もう少しだけ頑張ってお腹にいてちょうだい…。
分娩室に籠城してから2日が経ちました。

破水は少し治まっているものの、出産までに止まる というものではないようです。
お腹に羊水が無くなったら、赤ちゃんは!? と思いましたが、羊水は順次作られているそうなので、それで対応するんだとか。

破水=即出産 だとばかり思って焦っていましたが、張り止めの点滴をガン打ちして今までもたせています。

ただ…ゆうべから陣痛が始まってしまって…。
ゆうべは日曜日。
今回のお産に必要なドクター
産科・循環器科・心臓外科・麻酔科・・・が全員揃いません。
だから月曜日の朝までは産むわけにいかないのです。

そして今朝まで何とか赤ちゃんもお腹に留まってくれて陣痛も少し落ち着いてきました
が!
「明日(火曜日)の朝イチで帝王切開をします」
とドクターに言われました。

確かに、早産で手術にもかなりのリスクがある赤ちゃんだし、1日でも長くお腹にいてくれればその分だけでもリスクは低くなるのでしょうが…

あと1日…また陣痛と戦わないといけないんですね…。

昼は比較的楽なんですが、夜は怖い・・・元々夜は張りやすかったし。

もし陣痛がひどくなってきたら薬では抑えきれないので、その場合は普通分娩にしましょう だって。

というわけで、もう1日分娩室で過ごします。


あと1日…
何とか頑張ってお腹にいて~!
赤ちゃんは ちゃんとお腹で待っていてくれました。

帝王切開…背中から麻酔を打って、効いているかどうか確認してから開始します。

局部麻酔なので意識はあるのですが、元々麻酔が効きにくい体質であるのが関係しているのか、痛いんですけど…。
切り口を思いきり広げて赤ちゃんを取りだそうとしてるのもわかります。
でも…痛い…。

「痛いんですけど…」
と何度か訴えていましたがあまり聞いてもらえません。
そのうちに赤ちゃんが取り出されました。

産声を聞きたいけれど、泣くと心臓に影響があるかもしれないし、どうするのか と思っていたら聞こえてきました。
泣き声。

でも、一泣きだけ。

顔を見ることもできず、赤ちゃんは横で待機していた沢山のドクター達の元へすぐに連れて行かれてしまいました。
ドクター達に囲まれて赤ちゃんが見えません。

仕方ないよね…。
私と繋がっていたへその緒を切ってしまったら、赤ちゃんにとっては一刻一秒を争う状態なんだもんね…。

そのうちに私のお腹の後処理や縫合が始まりましたが、相変わらず痛い。
痛みを何度も訴え、いい加減うるさいと思われたらのか、突然マスクをつけられました。
すると、あれよあれよという間に意識が遠退きます。
でも自分が何を喋っているのかはわかる状態…
麻酔科医に対して「全身麻酔にしてくれても良かった」と恨み節を言っていたのも、「あまりにうるさいからマスクしたんですか?」と肩を震わせて笑ったのも記憶があります。


縫合が終了したのかマスクが外され、朦朧とした意識の中、赤ちゃんの元へ。
赤ちゃんは既に人工呼吸器を付けられていました。
抱っこをさせてもらいましたが、私の意識はまだハッキリしておらず、とにかく小さくて温かかったのだけ覚えています。

そしてすぐに赤ちゃんとは離ればなれ…。

朦朧とした意識のまま病室へ運ばれ、赤ちゃんを案じていると、三人のドクターが病室へやってきました。

私の病室にやってきた三人のドクター(妊娠中からお世話になっていた循環器科のドクター)は、赤ちゃんの様子を話してくれました。

夜になって容体が急変したらしく、明朝、カテーテル検査をするとのこと。
手術をするにも、カテーテル検査の結果を見てからでないと動けないようで、カテーテル検査をする時のリスクも説明してもらったのだけど…

心停止、心筋梗塞…

全身麻酔をして、足の付け根から細い管を心臓まで通すんだそうです。
産まれたばかりの赤ちゃんに…。
でも、それをしないと今後の治療方針が決められない。

居ても立ってもいられず、NICUへ行くことにしました。
お腹を切ったその日に動くなんて と看護師さんに驚かれましたが、自分の痛みなんてどうでもよかった…。


NICUで眠る赤ちゃんには、人工呼吸器や点滴の沢山の細い管が。

涙が止まりませんでした。

私の精神状態を案じて、旦那が一晩一緒にいてくれました。

明日のカテーテル検査…無事に終了しますように…。
私の病室にやってきた三人のドクター(妊娠中からお世話になっていた循環器科のドクター)は、赤ちゃんの様子を話してくれました。

夜になって容体が急変したらしく、明朝、カテーテル検査をするとのこと。
手術をするにも、カテーテル検査の結果を見てからでないと動けないようで、カテーテル検査をする時のリスクも説明してもらったのだけど…

心停止、心筋梗塞…

全身麻酔をして、足の付け根から細い管を心臓まで通すんだそうです。


産まれたばかりの赤ちゃんに…。

でも、それをしないと今後の治療方針が決められない。

居ても立ってもいられず、NICUへ行くことにしました。
お腹を切ったその日に動くなんて と看護師さんに驚かれましたが、自分の痛みなんてどうでもよかった…。


NICUで眠る赤ちゃんには、人工呼吸器や点滴の沢山の細い管が。

涙が止まりませんでした。

私の精神状態を案じて、旦那が一晩一緒にいてくれました。

明日のカテーテル検査…無事に終了しますように…。
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。