ブログパーツ
FC2ブログ

日々、戦い

vsちびメンズの戦いの模様を、現場からお伝えします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お腹の子の「冠動脈瘻」ですが、成長して大きくなったからか、かなり心エコーが見やすくなったようで新事実が発覚しました。

どうやら、瘻(ろう)=あるべきはずのない道 が左心室だけでなく右心房方向へも枝分かれして向かっているとか。
そしてどちらかというと、新たに発見された右心房への瘻の方が太く血流が多いらしいので、そちらを塞げば、開胸手術は1回で何とかなるかも・・・というドクターの見解でした。
(今までは最低でも2回開胸手術をしないと と言われていました)

ん?
ということは、最初から問題になっている左心室への冠動脈瘻はどうなる? 

質問してみたところ、
「左心室への瘻は小さいから放っておいてもいい」
とのご回答。

えぇ~っ!
それで本当にいいのか?
日常生活に問題はないの??



そして昨日、1ヶ月ぶりに健診に行きました。
赤ちゃんの心臓の見え方は変わりなかったようで、ドクターの見解も前回と同じものでした。

「多分どこかが心臓の負担を補うようにうまく動作してるんだろうな~。驚くほど元気だし、ちゃんと心臓も動いてくれてるよ。最初は多分ダメだろうな と思っていたけど、ここまで頑張ってくれてるのはすごいよ。」
「通常ここではあまり帝王切開はしないんだけど、ボクも初めてみる症例だから、今回はボクも外科医も産科医もスタッフを全員揃えて臨まないといけない。だから日程をこれからボク達で調整して帝王切開にしますね。」
「お腹の中を見れるのは今日が最後。あとは産まれてきてからじゃないとどうにも調べることができない」
「良い方向へ行くかもしれないけれど、ボク達は常に最悪のことを考えて動かないといけない。もしかしたら産まれてすぐに心停止になってしまうかもしれないし、この子に与えられた時間は1日ないし2日だけ。その1日でCTやら何やら全ての検査をして、対処方法を決めます」



私が通っている母子センターは、何らかの問題がある妊婦さんばかりが受診している為、ほぼ全員が帝王切開だと思っていたのですが・・・帝王切開はあまりしないということに驚きました。

そして産科のドクターに今回相談したかったこと。
それは管理入院ができるかどうか。

実は先日夜中、陣痛のような痛みで目が覚め、ヒヤヒヤすることがありました。
もし帝王切開の日までに産気づいてしまったら・・・
母子センターまで車で飛ばしても1時間半、しかもドクターが病院にいるかどうかもわからない。
そうなったら諦めるしかない と以前ドクターに脅されて(?)いたし、満月の夜はいつもドキドキしてるんです。

そして日常生活もままならないほどお腹が大きく、足の付け根や恥骨が痛くて動けないのです。
かろうじて保育園の送迎を車でしているものの、とにかくスロー。
3歩動いては息切れがして休憩 の繰り返しで、階段の上り下りは1段ずつ。
歩く姿は横綱です。
相変わらずお腹がすぐに張るので、毎食後張り止めの薬を飲んでいます。
張りはマズイので
「なるべく安静にして」
とドクターに言われますが、家にいると何だかんだ動いてしまうんですね~。
(基本、ぐうたらで怠け者のクセに)
食事だって作らなきゃいけないし、掃除、洗濯、気になっちゃうんです。

旦那は「掃除とかやらなくていいよ」と言ってくれますが、そうもいかないってなもんでしょう。


そして最後に、これから1週間おきになる妊婦健診。
そのたびに旦那に休んで送ってもらうわけにもいかないし(クビになっちゃったら元も子もない)
かといって一人で電車で・・・というのはあまりにリスキーだし、乗り換え3回、休み休み行ったとしても、その日のうちに辿り着けるかどうか。
自分で車を運転して行くことはできますが、高速道路(しかも都市部の環状線を通る)を運転するのが怖く、旦那も反対。

だから・・・いっそのこと入院させてもらえないものか。

そりゃずーっと病院で寝ていたら気分も滅入るでしょうし、PCもミシンも触れないし、何より子供にも会えない。
そんな辛いことはありません。
でも体も大変だし、不安なんです。

ドクターは二つ返事でOKでした。
「赤ちゃんにもちゃんと病名があるから保険もききますし、入院されればその間に色々な検査ができますからね。いいですよ。 で?いつから入院します?」

は、早っ!
いや~、でも、何も準備していないし、年末年始に向けて色々とやっておかなくちゃいけないことがあるので、12月1日から入院することにしました。

幸い、義母が来週末から来てくれるので、1週間で引継ぎをしてあとは丸投げするつもりです。


入院まであと半月。
忙しいぞ~。
でもチャキチャキは動けないから、ストレス溜まりそうです。


【オマケの画像】
先日、旦那がトモを連れて公園へ行った時、自分で勝手に転んだクセにふてくされてしまい、カメラを決して見ようとしないお兄ちゃん。

tomo-20

FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。