ブログパーツ
FC2ブログ

日々、戦い

vsちびメンズの戦いの模様を、現場からお伝えします

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日夜中0:30、就寝中に破水の感覚があって飛び起きました。

え?破水?

お腹の赤ちゃんが手術可能になるのは最低でも34週過ぎてから って言われてたのに、今日は33週4日…
3日足りない!! 来月から管理入院だ って安心してたのに!

とにかく旦那を起こし、病院に電話。
すぐに来てください とのことだったので、半分だけ済ませた入院準備品を持ち、上の子を起こして車を飛ばしました。


間に合わないかもしれない…お休みの夜だし、ドクターが全員揃うはずもないし…。
口からは「どうしよう」しか出てきません。

いつもは二時間かかる道も、夜中だから一時間で来れました。

分娩室までの移動中も羊水は容赦なくこぼれ落ちます。


即、当直のドクターが診てくれましたが、通常の破水とは違い、陣痛を伴わない前期破水だと言われました。

よくわかりませんが、予断を許さない状況であることは確かなようで、張り止めを大量に入れた点滴や筋肉注射で、赤ちゃんをお腹に留める処置をしてくれました。


朝には麻酔科のドクターから帝王切開時の説明を受けました。

そして12時間が経った今、相変わらず羊水はチョロチョロ出ていますが、産まれずに頑張ってくれています。

ただ…あんなに大きくて苦しかったお腹がかなりしぼんでしまい、赤ちゃんの胎動も感じません。
張り止めの薬が強すぎて、副作用の動悸がひどく、胎動を感じられない というのもあるのか、赤ちゃんの元気がないのか…。

母子センターの最新の医療を信じたいけれど、不安で不安で仕方がありません。

お願いだから、もう少しだけ頑張ってお腹にいてちょうだい…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
FX比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。